【執筆マニュアル①】執筆の流れと「タイトル」「見出し」作成方法

この記事では、当サイトにおける執筆方法を記載します。執筆マニュアル①では、執筆の流れと「タイトル」と「見出し」の作成方法をお伝えします。

このマニュアルの読む際は、執筆形態自体も参考に、読み進める意識を持って下さい。例えば「大見出し」、「小見出し」、「箇条書き」などは、この執筆マニュアルのまま、利用できるものです。

それでは見ていきましょう。

※この記事の引用転載は禁止です。契約ライター様のみがご覧になれる重要な記事ですので決してコピペなどは行わないで下さい

執筆マニュアルの構成

執筆マニュアルは、大きく分けて以下の構成となっています。

  1. 記事執筆の流れ
  2. タイトルと見出し作成方法 ← この記事ではここまで★
  3. 本文執筆方法
  4. WordPress入稿方法

このマニュアル①では、1,2までを説明します。

記事執筆の流れ

記事執筆の流れは、大きく以下の通りです。

  1. テーマをお伝え(当サイト側)
  2. テーマを元に、「タイトル」と「見出し」を作成、レビュー依頼(ライター側)
  3. 2のタイトルと見出しをレビュー(当サイト側)
  4. 3を元に、WordPressで本文を執筆、レビュー依頼(ライター側)
  5. 4の本文と、記事全体をレビュー(当サイト側)→ 終了

ライター様側の作業としては、2と4になります。つまり、

  • タイトルと見出し作成
  • WordPressで本文執筆

この二つの作業を行って頂きます。

ここがポイント

なぜ、タイトル見出し作成と本文作成を分けるの?

タイトル・見出し作成では文章の構成をチェックし、本文執筆ではその内容をチェックします。

全ての作業をライター様が終えてからチェックする場合、レビューで戻しが合った場合に大きく修正する必要が出てきます。なので、タイトル見出し作成と、本文執筆作成は、分けてそれぞれレビューするようにしています。

それでは、それぞれの方法を見ていきましょう!

タイトルと見出し作成方法

この章では「タイトル」と「見出し」の作成方法について説明します。

まず、依頼の際にはテーマが指示されます。「テーマ」とはその記事のメインとなるキーワードとなる話題です。例えば

  • AIスピーカー
  • 仮想通貨 ランキング
  • ビットコイン 確定申告 方法

など、1語〜3語のキーワードが指定されます。

このテーマを元に、はじめに記事の構成を考えていきます。

記事の構成を考える – 見出しの設定

はじめに記事の構成、つまり「大見出し」をを考えていきます。

なお、はじめに見出しを考えるタイミングでは概要が掴めれば良いくらいの感覚で作りましょう。本文執筆している際に変更が可能です。

さて、見出しの設定する考え方ですが、ご自身の経験があればそれが一番ですが、基本的には以下の方法を行って構成を考える補助としましょう。

  1. 指定キーワードで検索
  2. 1,2ページ目に出て来たサイトを読み込む
  3. 各サイトのまとまっている流れをある程度つかむ
  4. 3を抽出して、自分の考えや経験を加味して5~8個の大見出し

まず必ず指定キーワードで検索して、情報を掴んで下さい。

これを行わないと、全くユーザーが求めていない的外れなものになってしまいます。

その検索結果のサイト達を読み込んで、ある程度まとまっていることを掴んでいきます。

その後、それらをまとめるイメージで大見出しを作っていきます。

ここがポイント

「大見出し」と書いたのは、大見出しの下には小見出しが幾つか入るからです。今読んでいるこの記事でいえば、

——-

  • 大見出し:記事執筆の流れ
  • 大見出し:タイトルと見出し作成方法
    • 小見出し:記事の構成を考える – 見出しの設定
    • 小見出し:伝わる題名を考える – タイトルの設定
  • 大見出し:〜

——-

といった具合です。大見出しの下に小見出しを付けるようなイメージで本文を書いていきます。構造体については後述します。

ただ、検索結果に引きずられ過ぎずに、結局はライター様の言葉で執筆するので、あくまで流れを大見出しで作成していきます。

記事の構成を考える – タイトルの設定

続いてタイトルを設定していきます。

タイトルを設定する時は以下のルールを守って下さい

  • 記事の内容が伝わる
  • 32文字程度の文字数

「記事の内容が伝わる」とは?

前提として、タイトルを見ただけで、ある程度の記事の内容が伝わる必要があります。

なので例えば

  • 仮想通貨 ランキング

というテーマを指示された場合、はじめに見出しを考えた後、

「仮想通貨ランキング」

といったそれだけなタイトルにしてはいけません。

おそらく「仮想通貨 ランキング」というテーマを検索した場合、「ビットコイン・アルトコイン様々な仮想通貨があること」、「どれがどんな切り口で人気?」、「時価総額で見る」などが重要な話題とわかります。その場合、

  • 「ビットコイン、アルトコイン、どれが人気?仮想通貨儲かるランキング」(32文字)
  • 「ビットコイン、アルトコイン、どれが人気?仮想通貨安心ランキング」(31文字)
  • 「仮想通貨ランキング!ビットコイン・アルトコイン、どれが人気なの?」(32文字)

などが考えられます。タイトルから記事の内容がある程度把握できるようにしましょう。

文字数カウント

タイトル文字数はとても重要なことです。必ず32文字程度、もしくは32文字以上の場合でも32文字内に必要なワードが入るようにしましょう。

文字数カウントは以下のサイトから簡単に行うことが出来ます。効率的にタイトルを考えるようにしましょう。

文字数カウント

タイトルと見出しが出来たらレビュー依頼

上記の方法に従って「タイトル」と「見出し」が出来たら依頼画面上で、タイトルと見出しを書いて、やり取りをしていたメッセージ上でレビュー依頼をお送り下さい。

以下はレビュー依頼のテンプレートとなります。(「仮想通貨 ランキング」のテーマをもらった場合の例)

以下の通りタイトルを見出しを作成しました。レビューの程よろしくお願いいたします。

================

テーマ:

仮想通貨 ランキング

================

タイトル:

仮想通貨ランキング!ビットコイン・アルトコイン、どれが人気なの?

================

見出し:

大人気の仮想通貨、どれを買えばいい?

ビットコインの他にも種類がある?

人気第一位!「ビットコイン」とは?

日本産の仮想通貨?「モナコイン」とは?

取引量が多い「リップル」とは?

他にもまだある仮想通貨

結局、どれを買えばいい?

================

流れの説明:

あれば記載

上記のようにお送り下さい。(テーマ、タイトル、見出し内を書き換えてお送り下さい)

レビュー依頼を頂いたら、レビュー結果と共に「本文執筆マニュアル」と「執筆用アカウント」をお送りさせて頂きます。その後本文執筆に移行します。

本文執筆は今回作ったタイトルと見出しを元に、コピペなどはせずにご自身の言葉で執筆して頂きます。

まずはしっかりとタイトルと見出しの作成をするようにしましょう!何かわからないことがあればお気軽にご質問下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です