仮想通貨とは?お金という概念を覆す可能性を秘めた未来的テクノロジー

仮想通貨や暗号通貨という言葉を最近よく耳にする方も多いのではないでしょうか。

この記事では、仮想通貨とは何か?一体どのようなものなのか?といった点を、ブロックチェーン等の仮想通貨に基づく技術等も合わせて説明していきます。

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは?

仮想通貨とは

仮想通貨とは、プログラムされた通貨、いわばバーチャルなお金ということができるでしょう。英語では「Cryptocurrency」と表記され、正確な訳は暗号通貨という形になりますが、日本では仮想通貨という呼び名が一般的であるようです。

ビットコインとアルトコイン

そして、仮想通貨にはビットコインとアルトコインといった種類があります。ビットコインというのはサトシナカモトという人の論文を元に技術者達が開発した仮想通貨であり、Cryptocurrencyの先駆け的存在であると言われています。

アルトコインというのは、ビットコイン以外の仮想通貨全般のことを意味します。イーサリアムやリップル、ライトコインなども全てアルトコインと呼ばれています。

仮想通貨にまつわるテクノロジー

仮想通貨にまつわるテクノロジー

ブロックチェーン

仮想通貨というのはバーチャルなお金であり、実体を持つものではありません。では、それがどのように管理されているかという点をビットコインを軸にご説明させて頂きます。

ビットコインでは、ブロックチェーンと呼ばれるシステムを導入しており、このブロックチェーン上で様々な取引が管理されています。取引というのは、「AさんがBさんに1BTC送った」等といったお金のやり取りのことを指すのですが、それらが全てブロックチェーン上に記録されています。

それにより、ビットコイン利用者は正しくビットコインを扱うことができ、非中央集権的な管理でありながらも整合性が保たれているという仕組みになっています。

ここがポイント

ブロックチェーンは世界中の端末によって管理されているため、不正が起こりにくいシステムと言われています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、イーサリアムのプラットフォームに導入されている仕組みです。こちらは管理上のシステムではなく、主に契約等に使用されることを想定したシステムになっています。

現在、契約というのはお互いがその内容を確認し、締結、遂行、そして支払いといった流れになっていますが、これらを全て自動化しようといった取り組みがスマートコントラクトです。それによって、契約時に第三者を介する必要がなく、コストや手間を削減することができるのではないかと言われています。

様々な仮想通貨の種類

様々な仮想通貨の種類

ビットコイン

前述した通り、ビットコインは仮想通貨の先駆け的存在であり、仮想通貨というとビットコインを思い浮かべる人も多いでしょう。ですが、ビットコインは先立って開発されたが故の問題も抱えており、その対策方法を巡って何度か分裂を行っています。

ビットコインから分裂して誕生した通貨には、下記のようなものがあります。

  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ビットコインダイアモンド

イーサリアム

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨です。その特徴は独自のプラットフォームを構築しているという点であり、そこでは誰でもイーサリアムのブロックチェーンを使ってアプリやサービスを開発することができます。

また、前述したスマートコントラクト機能もイーサリアムの大きな特徴といえるでしょう。

その他のアルトコイン

その他のアルトコインには、下記のようなものがあります。

  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン

現在仮想通貨の種類は天井知らずで増えていますので、上記以外にも多種多様な仮想通貨が存在します。それぞれに独自の構想やポリシーの元で運営開発されていますので、気になる方は個別に調べてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の未来予測

仮想通貨の未来予測

仮想通貨のソリューション的意義

仮想通貨は、それぞれが何かしらのソリューションを目的として開発されている傾向があります。例えば、ビットコインであれば既存の通貨を超えた利便性、イーサリアムであれば誰もが使えるブロックチェーンやスマートコントラクト、等になります。

現在は仮想通貨といえば投機的な見方をされていることも多いのですが、本来の意義としては、社会に対して様々なソリューションを提供することにあります。それにより、人々の暮らしをより便利に、より快適にすることが仮想通貨の目指す未来であるといえるのではないでしょうか。

既存通貨との関係

仮想通貨が社会に浸透したとしても、既存通貨は既存通貨として、国家や政府の保証のある安全な通貨としての価値が毀損されることはないでしょう。ですが、既に既存通貨をペッグした仮想通貨が発行されていますので、将来的には既存通貨も仮想通貨の一つのような扱われ方になる可能性は考えられるかもしれません。

まとめ

まとめ

簡単にではありますが、仮想通貨という概念に関して説明させて頂きました。仮想通貨という仕組みはまだまだ社会に浸透しているとはいえず、その本来のソリューションも提供できているとは言い難いでしょう。

ですが、テクノロジーの発展は非常に早いものであり、もしかしたら気づかない内に浸透していたということも有り得るかもしれません。未来はどうなるかは誰にも分かりませんが、様々な情報に目を通し、自身にとってより快適な生活を模索することが大切になるのではないでしょうか。

エティ

仮想通貨というのは、もしかしたらお金の概念を変えるのではないかと言われています。その動向には注視していたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です