フィンテックとは?ファイナンスとテクノロジーの融合による未来の金融

フィンテックという言葉をご存知でしょうか。銀行や証券会社等、既存の金融業界もテクノロジーの恩恵を受けて様々なサービスが拡充されています。そういった金融の現状、そして未来を語る際によくフィンテックという言葉が用いられますが、今回はそのフィンテックについて見ていきたいと思います。

フィンテックとは何か?

フィンテックとは何か?

フィンテックとは?

フィンテックとは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語になるのですが、テクノロジーによって金融をより便利にしようといった概念のことを指します。昨今のテクノロジーの発展は目覚ましいものがあり、様々な分野がその恩恵を受け、新たな道を模索しています。

金融も例外ではなく、フィンテックによってユーザーの利便性、及びその社会的意義を拡大するべく邁進しています。

フィンテックのメリット・デメリット

それでは、フィンテックの具体的なメリット及びデメリットを考えてみたいと思います。

まず、フィンテックにおけるメリットとしては、下記のようなものが考えられます。

  • ユーザーの利便性
  • 処理効率の向上によるコスト減

ユーザーはオンラインから様々な手続きや支払いを行うことができることによる利便性の向上、業者側もプログラムやAIによって様々な処理を自動化することができますので、コスト削減を図ることが期待できます。

対して、フィンテックのデメリットとしては、下記のようなものが考えられます。

  • セキュリティリスクの増大
  • バグ等によるトラブル

フィンテックにより、金融としての機能が便利になればなるほどにシステムをオンライン上で稼働させなければなりませんので、結果的にセキュリティリスクが増大します。また、複雑なプログラムを扱うことになりますので、バグ等のトラブルによってシステムの安定性が損なわれる可能性があるでしょう。

フィンテックの実例

フィンテックの実例

スマートフォン決済

フィンテックの具体的な実例として、まずはスマートフォン決済を挙げたいと思います。スマートフォンは金融のみならず、様々な分野で革命的な変化を起こしましたが、ユーザーは電波の届く場所であれば、いつでも何処でも自分の望む情報にアクセスすることができ、使いたいサービスを使うことができるようになりました。

それにより、いつでも何処でも必要な支払いを行うことができ、カードや現金を持ち歩く必要の減少に繋がったのではないでしょうか。

クラウド家計簿

クラウド家計簿もフィンテックの実例の一つと言えるでしょう。クラウド家計簿を利用することにより、ユーザーは自分の支出を簡単に管理及び把握することが可能となりました。

また、クラウド家計簿では銀行口座やクレジットカードの取引を自動で読み込んでくれる機能もありますので、既存の家計簿よりはるかに利便性が高いサービスであると言えるでしょう。

仮想通貨

仮想通貨もフィンテックの実例の一つと言えそうです。仮想通貨は実体のある通貨ではなく、あくまでもプログラムですので、その管理や取引の履歴、追跡等を容易に行うことができます。

現在では投機的価値が取り沙汰されていることが多い仮想通貨ですが、本来の価値としてはブロックチェーンによる分散的管理や送金の簡便性等の技術面が挙げられるでしょう。

フィンテックによって変化する世界

フィンテックによって変化する世界

フィンテックによってお金はどうなる?

続いて、フィンテックによって世界はどう変化するのかを考えてみたいと思います。未来は誰にも分かりませんので、あくまでも予測の一つにしか過ぎないのですが、まずは既存のお金という概念が変化することが考えられます。

現在のお金は法定通貨が主流であり、日常生活もそれがベースになり機能しています。もしフィンテック社会が進み、様々な決済を仮想通貨で行うことができるようになった場合、既存のお金も仮想(ではありませんが)通貨の一つのような扱われ方をするのかもしれません。

ここがポイント

円やドルといった既存通貨も数ある銘柄の中の一つになる?

既に既存通貨をペッグした仮想通貨もリリースされていますので、まったく有り得ない話ではないでしょう。

ここがポイント

ペッグとは?:レートを一定に保つこと。既存通貨をペッグするというのは、既存通貨と同等の価値をもたせること。

フィンテックがもたらす未来

そして、フィンテックがもたらす未来についても考えてみたいと思います。先程既に既存通貨をペッグした仮想通貨がリリースされているとお話しましたが、それによって考えられるのは、もしかしたら契約という行為が全てブロックチェーン上で行われるようになるのではないかということです。

現在既にスマートコントラクトというシステムも存在しますので、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを使用して契約から履行、そして支払いまでをほぼ自動で行えるようになる可能性もあるでしょう。それにより、契約時のコスト減や不履行による被害を防ぐことが期待できます。

ここがポイント

スマートコントラクトとは?:契約をプログラム化し、条件確認から支払いまでを自動で行うこと。

まとめ

まとめ

現時点では、フィンテックはまだまだ始まったばかりと言えるでしょう。技術の発展はとどまるところを知りませんので、気がついたらスマホのようにいつの間にか社会に浸透していたということも十分にありえます。

その流れに完全についていくのは難しいですが、自分にとってメリットの高いものはなるべく取り入れ、快適な生活を過ごせるよう心掛けたいものです。

エティ

フィンテックがもたらすものが多くの人に有益であればいいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です