地域が抱える格差問題をソサエティ5.0ではどのように解決していくか

ソサエティ5.0時代における英語

ソサエティ5.0で実現する問題の中で、地域の問題があります。日本は世界でも例を見ないほどに地域格差の大きな国のひとつです。都市部への一極集中が強く、国全体として人口の少子高齢化の傾向があるなかで、地域ではその傾向が特に顕著です。

そんな都市部と地域との生活の格差を改善するのに、ソサエティ5.0の社会に向かって技術の発展が著しいIT、IoT技術が期待されています。今回はそんな地域の問題におけるソサエティ5.0の取り組みについて解説していきましょう。

ソサエティ5.0が解決を期待される地域格差:少子高齢化

少子高齢化は我が国で問題視されてから久しくなりました。より深刻化の一途を辿るこの問題をソサエティ5.0でどの様に解決出来るのでしょうか?

地域社会が抱える少子高齢化の影響

我が国において、特に叫ばれる社会的な問題として少子高齢化があります。この傾向は都市部ならず、地域においても顕著で、地域においても人と人との繋がりにおけるコミュニティ形成に大きな影響を与えているといいます。この影響は地域では甚大で、若者が進学や就職で育った地域を出て行くことで、地域住民の高齢化が促進されていきます。

少子高齢化が招く担い手不足の懸念

これにより、医療費の増大、介護の問題を引き起こすだけでなく、農村部の暮らしにおける体験などの教育機会が減っており、将来の担い手不足を招くとされています。

ソサエティ5.0の社会においてIT技術の発達により、バーチャルな体験がリアルさを増していく一方で、地域での高齢化がより促進され、自然体験や、レジャーの機会喪失などのリスクが懸念されています。

ここがポイント
  • 地方では人口減少、少子高齢化が顕著
  • IoT技術を活かし、都市部と変わらない医療・教育を受けれるようになる

ソサエティ5.0が解決を期待される地域格差:教育

私達の国を担う若い世代。その若い人材を育てる教育は、ソサエティ5.0だけでなく、国そのものを形成するのにとても大切な問題です。今後、ソサエティ5.0ではその教育をどのようにとらえ、取り組んでいくのでしょうか?

地域格差の原因の一つは人材の流出

地域格差を生む原因の一つとして考えられているのが高校や大学進学による、人材の流失です。高等学校は我が国において9割以上の子供が進学するようになり、高等学校のある地域への人材流出は地域格差を促進すると言われています。

人材流出を緩める改革が進められている

このため、ソサエティ5.0の取り組みにおいては、地域格差の縮小のひとつとして、高等学校をはじめ、小中学校でも基本的な改革を行い、地元で新しい社会を生き抜く資質・能力を、すべての生徒が身に付けることができるようにするとしています。

ソサエティ5.0という新しい社会を迎える今、地元地域と学校が手を組み、地域の文化に興味を抱く人材を育てることで、ソサエティ5.0という新しい社会を迎えたとき、地域に新たな勝ちを創造すると期待されているのです。

ここがポイント
  • 地方では人材流失が問題となっている
  • 人材流出は地方の魅力の低下に繋がる
  • 教育や体験にIoTなどの技術を活かすことで今後の改善に繋がる

ソサエティ5.0で実現する交通問題の解消

我が国の地域差における問題は医療や教育に留まらず、交通の面においても大きな割合をしめています。今後期待される交通問題の改善策についてみていきましょう。

地域格差の産んだ交通弱者問題

地域社会においては既述したように、若者の都市部への流出や、高齢化の促進などにおいて、交通弱者と呼ばれる一部の人達の生活に大きな問題を抱えています。それだけで無く、都市部においては人口の密集がおこり、交通混雑がますます激化している現状があります。

ビッグデータの利用で打開を図る

こんな中で、ソサエティ5.0の社会ではどの様に問題解決が図れるか期待されています。特にソサエティ5.0では膨大なビックデータを可視化し、AIの技術を利用し、分析を行い予測を行う技術が進歩しています。

この技術を今後更に応用する事で、自動運転の度の技術に活かされ、交通弱者の足となり、地域での生活に役立てられることが期待されています。

ここがポイント
  • 地方では交通弱者の足がないという問題がある
  • 都市部では交通の混雑という問題がある
  • ビッグデータを利用し、これらの問題解決になる

ソサエティ5.0が地域にもたらす新たな価値

現在、我が国においてさまざまなIT技術が開発され、日々進化を遂げています。そんな中のひとつに通信技術があります。通信技術が私達の生活にどのような影響を与えるのか見ていきましょう。

5G技術を初めとした通信技術が地域を救う

また、ビックデータの可視化や、分析による予測の技術は交通だけで無く防災や、エネルギーマネジメント、雇用の創出といった新たな部門においても活用されつつあります。

特に移動体通信の分野では、超高速だけでなく多数接続や超低遅延といった強みを持つ次世代移動通信5Gの利用により、ネットワーク技術に大きな進化を促し、IoT技術としてさまざまな機械、機器に役立てられることが予測されます。

ビックデータから隠れたニーズを導き出し新たな社会を作る

これにより、さまざな機器からデータを集積する事が可能になり、多くの予測、隠れている潜在的なニーズを導き出し、我が国の抱える問題を浮き上がらせることも期待されます。今後ソサエティ5.0は新たな価値を生み続け、地域社会での暮らしをよりよいものとすることが見込まれます。

ここがポイント
  • ビッグデータの可視化で潜在ニーズを引き出せる
  • 5Gなどの新しい通信技術によってより新しい価値の創造が期待される

ソサエティ5.0が農業を変える

私達の生活における最大にして、もっとも重要なものの一つに食の安定があります。世界人口は増える一方で、我が国は働き手が減り、天候も不安定な中で農業に多くの問題を抱えています。そんな農業についてもみていきましょう。

農業の抱える問題をITが救う

これまで、農業は担い手不足や、農作物の出荷量の増減が天候によって大きく左右されるなど多くの問題を抱えていました。しかし、ソサエティ5.0ではそれら農業の問題を大きく変化させる力があると注目されています。例えば、現在研究をされているロボットトラクタは農作業の自動化や、省力化が期待されています。

ドローンなどの技術を使えば生産、収穫のデータの収拾が出来、天候予測や河川情報に基づく水管理の自動化・最適化などによる超省力・高生産なスマート農業を実現も可能だとされています。

ニーズに的確に応えた新しい農業も

IoT技術を駆使し、ニーズに合わせた収穫量の設定、天候予測などに併せた最適な作業計画、経験やノウハウの共有、販売先の拡大などを通じた営農計画の策定や、消費者が欲しいときに欲しい農作物が手に入るなど、農業の技術の発展により社会として食物の安定に繋がるのだと期待されています。

ここがポイント
  • 農業には担い手不足や、天候による収穫の落差の問題がある
  • IoT技術を駆使してこれらの問題の解決も検討されている

エティ

日本は世界の中でも地域差の大きな国です。それによるメリットもありますが、デメリットもあるのが現状です。しかし、ソサエティ5.0が進めば、寧ろ地域に住みながらより人間らしい生活を手に入れることが出来る様になるのですね。そうすれば、日本はこれまで以上に住みやすい国へと変化を遂げるでしょう。これからの日本に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です